こんにちは。

ホームセキュリティのシールを手に入れること自体はできそうですが、貼っているだけだと防犯としては少し弱いかなと感じています。

なので、ホームセキュリティはやはり利用しようかなと思っていますが、月額料金がかかるので迷っています。

そこで自分できる防犯対策はないかなって思ってい探していたら、家庭用防犯カメラという方法があることに気が付きました。

ニュースでも、被害が続くからっていうことで防犯カメラを自分で買って設置している人が出てきますけど、ああいった感じにすればシールと合わせてより強い防犯対策になるかなって思います。

そこで家庭用防犯カメラがどれくらいするのか、選び方はどうすればいいのかを調べてみました。

 

家庭用防犯カメラの選び方

 

家庭用防犯カメラを選ぶ上で大事なのは、「設置に場所に合わせて選ぶこと」なんだそうです。

というのも、設置場所によって必要な機能が違うからなんだそうです。

例えば、屋外用カメラの場合は、耐久性が特に大事になります。雨風にあたってもすぐに壊れないような耐久性がないと設置している意味がありません。

また、濡れても良いように防水・防塵対策がしっかりとしているものを選ぶことが大切です。

室の高いカメラの中にはIECというもので定められた電気製品の防水防塵性能を表すIP規格に準じているカメラもあるようです。

IECっていうのは、国際電気基準化会議の事ですね。

対して、屋内に設置するカメラに防水機能は必要ないので、部屋全体を撮影できる広角カメラを選ぶのがポイントなんだそうです。

家の中で使う際は、死角ができないように部屋全体を写す必要があります。

特に水平方向に撮影範囲が広いものを選ぶと良いんだそうです。

回転タイプであれば部屋全体を360度撮影してくれるのでより良いでしょう。

また、電気が確保できるかできないかで有線かワイヤレスかを選ぶのがいいようです。

室内なら電気が確保できるので有線の方がいいかもしれないですけど、電源を抜かれてしまったら意味がないので、ワイヤレスの方が良さそうです。

カメラの価格はどれくらいなのか

次に調べたのはカメラの価格です。

人気のカメラの価格を調べて、大体の相場を知れば、実際に買う時に目安にすることができるので、選びやすいですよね。

特に人気のあるカメラは、屋外対応ができるもので3,000円代で買えるものがあるので、かなり安く手に入りますね。

高くても1万~2万くらいの間で収まりそうです。

そう考えるとカメラって比較的安く収めることができるんですね。

一番人気のものでも5,800円くらいでした。ただ、一番人気のカメラは屋外対応されていないので室内専用になりますけどね(笑)

用途に分けて買っても安く押さえれば2万円くらいあれば室内と屋外で一つずつくらいは買えそうです。

 

検討してみようと思います。